医学部予備校や学習塾の選び方|合格案内人の極秘メモ

看護師

通信制高校で音楽を

通信制高校で音楽を学ぶという選択肢

高校から音楽を専門的に学べる学校はまだ少ないですが、通信制高校は専門性に特化した学校も多く、高校卒業の資格取得と同時に音楽を学びたい人には嬉しい制度です。 通信制高校とは、通信による高校教育を行う過程のことです。 全日制や定時制と同じように高校卒業の資格を取得することができます。 ほとんどの通信制高校は、勉強→レポート→スクーリング→テストを繰り返しながら単位を取得していくため、実技を伴う音楽でも、実際にレッスンなどを受けながらの単位取得が可能なのです。 またこれは、働きながら高卒資格を取りたい、音楽を勉強したい、という人にも適したカリキュラムでしょう。 これ以外にも通信制高校では、ホームルームや体育祭、修学旅行といった特別活動があり、参加することが単位取得の条件になっています。

経済的なメリット

音楽を学ぶ上で誰もが考えるのが金銭面です。ただでさえ楽器やレッスン費などの費用が嵩んでしまうのが現状です。 通信制高校の入学金や授業料は、全日制や定時制に比べると格段に安くなっています。これは高卒資格の取得はもちろん、安価で音楽の勉強をしたい人にも最適です。 また通信制高校は、国に申請することにより就学支援金をもらうことができ、公立の通信制高校であれば授業料が全額無料になります。 それでも何かと費用がかかるという時には、奨学金制度や特待生制度なども利用するとよいでしょう。 若い年齢から専門的な音楽を学ぶことはとても重要です。通信制高校で音楽を学ぶという選択肢は、若者の将来だけでなく、音楽界の未来にも貢献している画期的なシステムと言えるでしょう。