医学部予備校や学習塾の選び方|合格案内人の極秘メモ

看護師

中学受験事情

全国トップクラスの中学受験率

岡山県は、全国的においても中学校に進学する際、中学受験で国立私立の中学校に進学する児童の割合がとても高い県です。岡山県には、国立だと岡山大学附属中学、それ以外にも多数の私立中学校が存在しています。なぜこのように中学受験をする児童が多いのかというと、岡山県全体の学力はもともと低く、2012年に行われた学力調査では全国において下から5番目でした。それによって公立の学校の教育方針に疑問を持ち、このように中学受験を勧める保護者が増えているようです。これによって私立中学への進学をする生徒が増えた結果、岡山県内では現在、公立の中高一貫教育を行う学校も増え始めており、私立に比べて費用が掛からないのでこちらを受験する児童も多くなっています。

公立中学と私立中学の環境の違い

また、岡山で現在中学受験をする児童が増えている理由としては、学力低下への懸念だけでなく、公立中学の治安が悪化していることも挙げられます。岡山だけでなく、どの都道府県においてもですが、いじめや授業に集中できないクラスの環境などが問題視され、それを避けるために高い学力の生徒が集まる中学受験が必要な中学校が選ばれる傾向があります。このような状況から岡山県では中学受験をする生徒はほぼ9人に1人と言われ、学校によっては1クラスのうち半分以上が中学受験をするという学校もあるようです。また岡山県内だけでなく、比較的岡山県から近い広島の有名中学など、県外の中学校を受験する生徒も多いようです。